血脈印刷機能について

[戻る]


血脈印刷

使用方法

血脈(中身) 印刷見本

使 用 方 法

使用前にすること....<外字登録>

印刷する前に外字登録が必要です。
(ただし、外字は血脈の中身にだけ必要ですから、外紙だけしか使用しない方は不要です。
血脈メニューの「血脈外字の登録...」ボタンを押すと登録フォームが開きます。
6個の外字が表示されていて、各々の右には白い入力域があります。(上の登録フォームをクリックして表示される画像は、既に入力域に入力済みの場面です。)
その入力域に外字を入力して下さい。もちろん外字は既に作成されていなければなりません。(外字の作成方法はこちら
外字を作成するときに、以下の文字を参照して作ると簡単に出来ます。
注意点としては、血脈の中身で使用する毛筆フォントに対して外字を作成することです。通常の使用では、毛筆フォントは「HG正楷書体」となっています。また、標準の外字にも登録します(明朝体で)。
 … ”迦”の文字でよい場合は、外字作成の必要はありません。入力域を空白にしておけば”迦”が使用されます。外字を作成する場合は、”迦”を参照して、しんにょうの点をコピーして2つにするだけです。
 … 毬(コード:9F7B) + 掬(コード:8B64)を組み合わせる
 … 瞰(コード:E1D5) + 喉(コード:8D41)を組み合わせる
 … 瓏(コード:E0FA) + 燦(コード:8E57)を組み合わせる
 … 珂(コード:89CF) + ト(コード:FBC4)を組み合わせる
 … 嵎(コード:9BC8) + 願 を組み合わせる
以上、コードはシフトJISです。
これらを組み合わせて作成すれば、カンタンに、すぐ作成出来ます。


使用前にすること....<歴代法中和尚の入力>

血脈の中身を印刷する場合、歴代法中和尚のデータを入力する必要があります。
血脈メニューの「歴代法中和尚入力」ボタンを押して入力して下さい。
瑩山紹瑾大和尚の次から入力して下さい。データは、歴代大和尚の名前の最後の1字のみ入力して下さい。(例:賢龍和尚の場合、”龍”を入力)
歴代法中は、瑩山紹瑾大和尚から46代分印刷可能です。印刷時は、フォントの大きさを変化させ、最適な大きさで印刷されます。
入力は1字だけですから、すぐ済みます。

●使用前にすること....中身に使用する用紙を作成

中身部分の印刷には非定形用紙を使用します。A3用紙をA4幅に裁断した用紙を作成して下さい。
つまり、用紙のサイズは、横210ミリ×縦420ミリとなります。
外紙部分はB4用紙を使用しますので、作成する必要はありません。
インクジェット・プリンターで使用されることが多いと思いますが、用紙の質は専用紙でなくても大丈夫です。
安価なPPC/インクジェット共用紙で十分です。

印刷...印刷メニューは2通り

印刷メニューの起動方法は2通りあります。

  1. 過去帳メニュー → 入力 → 印刷 内の「血脈」ボタンを押す
  2. 過去帳メニュー → 印刷 内の「血脈」ボタンを押す

1.は、戒名を印刷する事が出来ます。2.の起動方法では戒名を印刷できません。使用方法として以下のように分けられるでしょう。

  1. の場合……戒名を印刷するので、1枚ずつ使用する。また、使用する直前に印刷する。
  2. の場合……大量に印刷しておく。血脈を使用するときは、戒名は手書きにする。

印刷実行

印刷は、外紙の印刷と、それに包まれる中身の印刷があります。

印刷...印刷の諸設定...<外紙>

外紙印刷のための設定を行うタブです。

印刷...印刷の諸設定...<中身>

中身印刷のための設定を行うタブです。以下の項目が設定できます。

印刷...印刷の諸設定...<共通>

外紙・中身印刷共通の設定を行うタブです。(画像はこちら

住持印(上下)イメージについて

住持印の上下(紅白印)をイメージファイルとして保存していれば、血脈で使用できます。以下の仕様に従って下さい。